糖尿病には特徴的な症状がある|生活習慣病の1つ

笑顔の男の人

疾患の特徴と注意点

病院

疾患の概要

糖尿病とは、食生活や運動不足などの生活習慣、遺伝などが原因となり、自身の血糖がコントロールできず、高血糖になる病気です。高血糖になると、すぐには症状に現れませんが、長年の持続することで腎臓機能障害や神経障害、網膜症という合併症が出てきます。この3つを三大合併症と呼び、特に注意が必要です。腎臓機能障害が出ると、透析を強いられる場合があります。神経障害が出ると、足の感覚が低下し、歩けなくなることがあります。網膜症になると、視力低下や失明などの原因となります。その症状以外にも、動脈硬化となることで脳梗塞や心筋梗塞といった、命の危険がある重篤な疾患につながることもあります。また、白癬(水虫)などの特に足の皮膚症状が生じることも多くあります。これらの症状を予防し、重篤化しないために、血糖をコントロールする必要があります。

疾患の予防

糖尿病は生活習慣病という名が表すように、生活スタイルを改めることで、大きく進行を食い止め、予防することができます。糖尿病の治療の大きな柱として、食事療法や運動療法、薬物療法があります。食事療法は、自身の適当な食事摂取量を理解し、一定の食事を摂取することです。日々の食事のむらが、病気の悪化を引き起こすため、食事量を保ちます。これは、医師の助言のもと、栄養士と相談すると良いです。決められた食事量を、1日3食で摂取することが極めて重要な点です。次に、運動療法ですが、適度な有酸素運動が、生活習慣病には効果的であり、これは同じくリハビリ担当者との相談が望ましいと思います。食事・運動をしても血糖が悪い場合は、薬物療法も取り入れます。一昔前の糖尿病の治療薬は、経口薬やインスリンしかありませんでした。現在はCAIIといったポンプ療法や、注射頻度が少ないインスリン等もあり、飛躍的に治療の選択肢が増えています。仕事している方でも、仕事に影響が少なくなりました。

日頃の食事考える

看護師

糖尿病に対する効果的な工夫はまずは糖尿病について知る事である。血糖値の上昇はエネルギーが筋肉などで使えていないことを指しており疲労感などにつながる。糖尿病は日本だけでなく世界的に増加傾向である。現代は専門病院まである。専門的な知識を学ぶ場となっている。

詳しくはコチラ

適度な運動で防ぐ

頭を抱える男の人

有酸素運動は糖尿病の予防に役立つ運動で、ウォーキングがその代表例です。20分以上続けると体内の脂肪を燃やすことができます。無酸素運動は筋肉に蓄えられている糖を消費し、基礎代謝を上げられる運動でこちらも糖尿病の予防になります。

詳しくはコチラ

知識が大切です

カウンセリング

インシュリンとは体内に本来あるもので糖尿病になると減少する。血糖値を低下させる作用がある。使い方で低血糖になることがある。低血糖に対して重要なのは、どんな場合に低血糖になるか知る事である。また低血糖になった際の対処方法も知る必要がある。

詳しくはコチラ