糖尿病には特徴的な症状がある|生活習慣病の1つ

医者

知識が大切です

カウンセリング

インシュリン

糖尿病になると状態によってはインシュリンという薬を使用して治療することになります。インシュリンは、本来なら体内で作り出すことが出来るものです。膵臓でつくります。インシュリンは血液の中の糖質が筋肉などの臓器でエネルギーとして使われるよう手助けをする物質です。この作用によりインシュリンを打つことで血糖値は低下し高血糖状態を防ぐ事が出来ます。インシュリンの使用は注意が必要です。インシュリンは血糖値が上昇していないときに使ってしまうと、血糖値が下がりすぎてしまいます。これを低血糖症状といいます。低血糖になってしまうと生命に関わる事もあるので注意が必要です。インシュリンの作用をよく理解して糖尿病の治療をする必要があります。

低血糖に注意

糖尿病になってしまった場合、低血糖がよく危険であるといわれます。ではどんな工夫をすれば糖尿病における低血糖を予防できるでしょうか。それは低血糖になりやすい状況を学ぶことです。糖尿病の患者はふつうは血糖値が高くなる高血糖で治療をしています。しかし血糖値が低くなるときがあるのです。例えば、昼ごはんを食べなかった場合です。インシュリンについてしっかり理解していないと、ご飯を食べないでインシュリンを打ってしまう事があります。インシュリンは微量でも初期の糖尿病患者には大きな効果があります。そのためご飯を食べないでインシュリンを打ってしまうと、一気に低血糖状態になってしまいます。この様な場合すぐに飴玉などをなめることで低血糖は予防できます。